INVESTOR RELATIONS 株主・投資家情報

経営方針・経営環境

(1)経営環境

わが国経済は、緩やかな景気回復が続いておりますが、国内外の政治・経済情勢の影響を受ける可能性があり、下振れするリスクは依然小さくないと考えられます。また、当社グループは工作機械を主力取扱い商品としているため、景気変動の影響を受け易いと認識しております。当社グループとしては、ユーザーへの提案力の強化、安定的売上が期待できる工具類のリピート品の取扱拡充、工作機械業界以外のユーザーの開拓、海外も含めたユーザーに近い場所での営業等を推進することが最重要課題であると認識しております。

(2)経営戦略

当社グループの主力ユーザーである自動車、建機、事務機器等のメーカー及びそのサプライヤーは、国内に加え海外での生産・販売を増加させております。当社グループとしては、受注・売上増加のため以下を行っていく所存です。

  1. 製造業の海外での生産・販売増加を踏まえ、インド・中国・ベトナムを含めたアジア地域とメキシコを含めた北米地域を当社にとっての重要戦略地域と位置付け、さらに重点的に投資の上営業を拡大し、ユーザーのニーズに応えていきます。
  2. 当社グループ内における国内営業部隊と海外現地法人の営業部隊がさらに情報共有等コラボレーションを進め、現地に進出している日系企業のローコスト化ニーズ等に応えていきます。
  3. 部品加工業仲介ビジネスを全社的に行い、ユーザーからの注文を継続して獲得することを目指します。
  4. 営業部隊を中心に社内教育を強化し、社員のレベルアップを図り、ユーザーのニーズにさらに的確にお応えした提案型営業を行ってまいります。